言葉になる前のもの

何事も言葉にすると、言葉から零れ落ちてしまうものがある。 あの人は「酷い人」だった と、言葉にしてしまうと 無意識のうちに、その「酷い人」から受けた「酷くなかった」仕打ちは 「酷い人」と言葉にした人の中から零れ落ち 酷くなかった仕打ちには、まったくフォーカスが当たらなくなる。 カウンセリングやコーチングの世界では 「例外探し」と呼ばれたりする質問方法があるのだが そういう、その言葉以外のものにフォーカスを当てていくような質問があるのは 言葉というものの持つ、上述した性質があるからだと思う。 例えば 「ずっと » 続きを読む

後悔と心残り

ずっとブログをお休みしていて 「ブログが止まっているので、心配しています。  お元気にしておられますか?」 なんてメールをいただいたりもしていました。 ご心配おかけして、申し訳ない。 とはいえ、時々FaceBookには投稿してたりしてましたので そっちで生存確認してくださってた方もおられたり。 とはいえ、最近FaceBookも、ちぃとオワコン風味だしね。 また、頑張ってブログの方に書いていこうと思います。 今日は、最近FaceBookに書いたことからの再掲です。 今を去ること結構昔。 ある日突然、はるか高み » 続きを読む

死なない理由と生きる理由

もう何年も昔の話です。 私は夫を突然死で亡くしました。 突然のことに、私はそれを受け入れられなくて 数か月、文字通り食事も喉を通らず、2か月で10キロ近く痩せました。 周りは、私が自死してしまうのではないかと、大変に心配していましたし 私自身も、半ばそれを望んでいたところもありました。 が、結局、私は死なず、今も生きて暮らしています。 最後の最後、私には「死ねない理由」があったからです。 まだ子どもだった息子の存在です。 彼を独りぽっちにさせることは、やはり親としてできないことでした。 が、その頃の私は 「 » 続きを読む

そういうもん

今期の冬は、2011年からの6年ぶりのラニーニャ現象なんだとか。 日本の場合、ラニーニャ現象の起こる年は 冬は西高東低の気圧配置が強まる、つまりすげー寒くて雪いっぱい降るぜ、ってこと。 ちなみにラニーニャ現象が起こると、梅雨が短く夏は猛暑になるんだそうな。 うん、確かに。 2017年の梅雨は、あれ?ホントに梅雨?ってくらい雨が少なかったな。 で、だから? って話なんだけど。 冬季鬱って言って、冬場は気圧の関係で、 身体的鬱(やたら疲れる)や 精神的鬱(気力が落ちまくる) という症状がでる人が比較的多いんです » 続きを読む

そこは「ありがとう」というところでしょ

人と人とのコミュニケーションは 言語を一切使わずに・・ということはできないことなのに きちんと言葉を使えない人が多いなぁと 色々な場面で色々な人を見ていて思います。 例えば エレベーターで先に乗っていた人が、こちらが乗るまで開ボタンを押して待っていてくれたとしましょう。 この時に 「ありがとうございます」ではなく 「すいません」 という方をたまに見かけます。 「ありがとう」は、感謝を表す言葉です。 それに比して、「すいません」はおわびを表す言葉です。 本人的には お手数をおかけしてごめんなさい というつもり » 続きを読む

遅ればせながら・・

新年おめでとうございます。 お会いしたことのある方は、今年もどうぞよろしくお願いします。 お会いしたことのない方は、今年はよろしくしていただけるとといいなと願っています。 さて、師も走り回る12月と仕事始めの新年5日は、バタバタと忙しく ブログの更新ができませんでした・・ が、元気にしているので安心してね。 実は、年末から1週間、年越しキャンプに行ってきました。 楽しかった年末年始ですが 4日からはお仕事も始まって それからは、いつも通り、1日中椅子に座って、日々人さんのお話をうかがう毎日です。 キャンプで » 続きを読む

善悪よりもマッチング

現実的な話をすると、たいていのことは 善い悪い ではなく してあげたいことと、してもらいたいこと つまり 望みのマッチング だよなぁと思う。 マッチングがうまくいってるのなら、双方に不満はでないのだから 関係ない第三者は黙っとけ、って話にしかならない。 だけど、なぜか多くの人は 相手の望みより、自身の中の善悪価値観で物事を図る。 というより、厳密にいうと、自身の望みを善悪にすり替えて正当化することが多い。 そもそも、善悪なんてものは、国や信じる宗教や時代によって変わるのだから 絶対不変の善悪なんてないからね » 続きを読む

やりすごすコツ

カッカしてる時は、つい怒りにまかせて、言わなくてもいいことまで言ってしまったり 思ってもないことまで、売り言葉に買い言葉で言ってしまったり 改善要求をしたいのに、相手の人格否定をしはじめたりしがち。 だから カッカしてる時は、話し合いをする時じゃない。 たんにケンカになって終わってしまうか パワー押しで、その場は押し切れても 相手は納得してなくて、 その場での約束は、守られないことも多い。 そしたらまた キーッ! やるって言ったじゃない!! あれは嘘だったわけ!! なんて、次のケンカがいずれやってくる。 パ » 続きを読む

許せなくても赦すことはできる・・かも

「恨む」という感情は 多くの場合は、自分自身に何かをされた相手に持つ感情ですね。 昔、いじめられていて、その自分をいじめていた人達を今でも恨んでいる とか いわゆる毒親にずっと苦しめられてきて、親への恨みのような気持がある とか 中学生の頃、メールで告白したら、それをクラスのみんなに回して嗤いものにされたその相手を今でも恨んでいる とか。 怒りと恨みの違いは、 怒りは瞬間の感情だけれど 恨みというのは、関係がそれなりの期間続いた相手から、 瞬間ではなくそれなりの期間何かされた相手に対して向けられる というと » 続きを読む

過労と寡労

人間、働きすぎて 睡眠時間が極端に少なくなったり、ほぅ~っとのんびりする時間がなくなると 身体と心、両方の体力が削れていってしまう。 鬱になったり、過労死したり。 かといって、反対に仕事をしなさすぎても ヒマを持て余して、ごじゃごじゃと自分の内側ばかりに入ってしまう。 メンがヘラってくるw 女性は、年配になっても おばさま仲間とランチに行ったり、 俳句会だのお茶会だのと趣味を楽しんだり、 毎日スポーツクラブに行って、いつもの仲間とワイワイするだのという風に 上手にヒマつぶしをして、ジトッと自分の内にこもらな » 続きを読む