エリクソン催眠&コミュニケーション
エリクソニアン コミュニケーション ラボラトリー

エリクソン催眠誘導ワークショップ 詳細

エリクソン催眠誘導ワークショップ

エリラボでは、エリクソンの、「催眠はコミュニケーションのひとつである」という考え方を、大きく支持しています。

エリクソン催眠誘導ワークショップで得られるもの、目的

  • エリクソン催眠誘導ができるようになる
  • 催眠というものの捉え方が変わり、日常に催眠的言語を活用できるようになる
  • カウンセリングやセラピー、コーチングなどの中で、催眠誘導を活用できるようになる

エリクソン催眠の特徴は、一般的にイメージされる催眠のような、「あなたはだんだんまぶたが重くなる~」などの指示的言語を使わないところにあります。
ごく自然な会話、日常の会話で、そのまま催眠誘導をしていくのです。

クライアント本人ですら気が付かないような、自然な催眠です。

心理療法家以外の方も、エリクソン催眠誘導を身につけることで、そのコミュニケーションスキルが、大きくアップします。

ワークショップで取り扱う内容

1日目

  • 意識・無意識について
  • 催眠とはどのようなものか
  • 催眠状態を体感する
  • 催眠状態に入った人の特徴
  • ペーシングとリーディング
  • 体感覚への集中
  • 観察、反応を拾う
  • 承認と許容語
  • 結合法

2日目

  • ちりばめ技法
  • アナログ・マーキング
  • アクティビティ(イメージへの集中)
  • アクティビティ(腕浮揚による誘導)
  • アーリーラーニングセット
  • パラドキシカルな誘導

3日目

  • as if テクニック
  • 記憶の健忘
  • メタファー・アナロジー・エピソード
  • 日常会話での催眠的言語活用
  • 心理療法の面談における催眠誘導の活用
 

なお、エリラボでは、全ての時間をエリクソン催眠誘導の習得に有効活用するために、古典催眠は扱いません。

受講時間等:原則10時~19時の8時間 x 3日間、合計24時間のプログラムです。
受講費用:3日間で105,000円。

エリラボのエリクソン催眠誘導ワークショップの特徴

とにかく徹底して、本物のエリクソン催眠誘導が使えるようになることを目的としています。

  • ワーク中心の演習・実践主義
  • きめ細かい少人数制
  • 講師自らが全員の催眠誘導を全てチェックしてアドバイス
  • 初学者でも大丈夫なように、懇切丁寧に指導