エリクソン催眠&コミュニケーション
エリクソニアン コミュニケーション ラボラトリー

日常で使うエリクソニアン・アプローチ、ワークショップ

エリクソン催眠誘導ワークショップ

エリクソンの開拓した様々なアプローチを
日常の対人コミュニケーションで使えるように・・

魔術師とも天才とも呼ばれた、20世紀最大の心理療法家、ミルトン・エリクソン


エリクソンが拓いた現代催眠と呼ばれるそれは、もちろんエリクソン以前にはなかった様々な催眠の手法です。
彼は、既成の催眠手法の枠にこだわることなく、様々な催眠におけるアプローチを開発しました。
そしてエリクソンはその過程の中で「催眠はコミュニケーションのひとつである。」との信念を持つようになります。

エリクソンの拓いたそのアプローチは、ごく普通の会話をしながら相手とのラポールの架け橋を作り、
そしてごく自然な会話の中で相手も気づかないうちに、相手を成長させ望ましい変化へと導いていくことのできるアプローチです。

だからこそ、エリクソンのアプローチ方法は、ごく日常の対人コミュニケーションの中でも、
より望ましい関係作りに大きく使えるものなのです。

ですが実際には、エリクソン催眠を学んだとおっしゃる方でも、日常にそれを活かせている方はあまりいないようです。

おそらくそれは、定型的なスクリプトを使ったなんちゃってエリクソンを、
堂々とエリクソン催眠と名乗って教えてるところが案外多く、
「今あなたは椅子に座っています」 なんていう、典型的な定型文としてしかエリクソンを学んでいないため、
 * それだと、エリクソンのふりをした古典催眠です。
エリクソニアン・アプローチの構造がきちんとは理解できていない方が多いこと
そして、エリクソン催眠をきちんと学んでも、それをどう日常に活かしていけばいいのか、
それを具体的に学んだりトレーニングをする場がないこと
この2点によるものなのだろうと、そう推測しています。

実際、日常会話の中でいきなり、 「今あなたは椅子に座っています」 なんて言われても、
「はぁ?何?確かに椅子に座ってるけど、それが何?いきなり何なの?」 なんていう風に、
違和感ありまくりじゃないですか?
エリクソニアン・アプローチは、ごく自然な会話の流れで使っていけるものなのに、これじゃ全く不自然ですよね?

エリラボの「日常で使うエリクソニアン・アプローチ」ワークショップでは
ひたすら日常会話の中で、エリクソンの拓いたたくさんのアプローチを使っていく練習をします。

そうやって練習していくことで、誰といてもどんな話しでも、仲良く楽しく会話ができるようになり、
また気づいたら自然と人が周りに集まってくるようになっていきます。
自分が強く押したり、我慢ばかりすることなく、人も自分も楽しめる会話ができるようになります。
私たち人間は、コミュニケーションをとらずに生きていくことはできませんから
日々、日常のコミュニケーションがより豊かなものになっていくことで、人生そのものも豊かになっていきます。

エリクソンの拓いた数々のアプローチを、日常に使えるものとして身につければ

  • わざわざ意識しなくても、自然と相手との信頼関係がとれるようになる
  • 相手の心理的な反発を避けたコミュニケーションをとれる
  • 相手が気付かないうちに、自発的に相手を変化・成長させていく
  • 自分の感情のコントロールの仕方を身につける

ということが、あなたにもできるのです。

臨床家でもなく、臨床家を目指しているわけでもない、また催眠療法家でもなく催眠療法家を目指しているわけでもない、
そんなごく一般の方たちに、エリクソン催眠誘導を学んで欲しいなと私が思うのは、
結局そのことで、豊かな対人コミュニケーションを身に着けることができるから
というのことも大きなひとつの理由です。

エリクソン催眠誘導ワークショッププログラムについてはこちらをご覧ください。

この「日常で使うエリクソニアン・アプローチ」ワークショップは、毎月1回、全12回のコースになっています。

「日常で使うエリクソニアン・アプローチ」ワークショップでは
1年間、ひたすら日常会話をして、その中でエリクソンの拓いた色々なアプローチを使っていけるように練習します。
そして、実際に日常会話で練習をするので、ワークショップ後には、それぞれみなさんの日常でワークをするように繰り返し練習ができます。

日常で使うエリクソニアン・アプローチ・ワークショップの内容の詳細(カリキュラム)はこちらをご覧ください。

受講された方たちからは「効果が出ているのが実感できる!」というお声をたくさんいただいています。

「あなたと話してると楽しい」とか「あなたと話してるとすごく受容されている感じがして安心できる、なんでなんだろ?」とか、
そういう風に相手から言われることがすごく増えた

そうおっしゃる方が多いのは、ワークそのものがひたすら日常会話で練習するからですし
また、学んだことを意識しながら日常の中で繰り返し練習ができるからだと思います。

このコースは、エリラボの様々なワークショップの中でも、なかなかに大変なワークショップなのですが
効果が出ていることが実感できる分、練習や学ぶことへの意欲も高まり、それによってさらにさらによい効果が出やすい、
という、よい学びのスパイラルが起こるのが早いワークショップでもあります。

日程

2018年度期 Day6から
2019年 1/28 , 2/25 , 3/25 , 4/22 , 5/27 , 6/9 , 6/23
 *2018年度は10月に台風で休講したので、その分で6月に2回開催となっています。

2019年度期
2019年 7/28 , 8/25 , 9/29/ , 10/27 , 11/24 , 12/22
2020年 1/26 , 2/23 , 3/29 , 4/26 , 5/31 , 6/28

受講費用

240,000円(12回分)

会場

神戸エリラボルーム
 (詳しい場所等はご参加の方にあらためてご連絡させていただきます)

お申込み

お申し込みはお申込みフォームよりお願いいたします。。

 

人と人とのより上質なコミュニケーションは、あらゆる職種の方に望ましいものですし
また、仕事関係なく、豊かな人生には欠かせないものと言うこともできるかもしれません。
みなさんのお越しをお待ちしています。