エリクソン催眠&コミュニケーション
エリクソニアン コミュニケーション ラボラトリー

エリラボ講師プロフィール

えりまにの写真

はじめまして、こんにちわ。
エリクソニアン コミュニケーション ラボラトリー
略して「エリラボ」代表の坂本です。


私はもともとが、中枢神経系の薬の創薬研究をしていました。
薬学家だったダンナさんは、有機合成、試薬合成の会社をやっていて、私はそこの役員でもありました。

それらの関係で、色々な方からの、鬱病や統合失調症、双極性障害などのお悩みや、薬の相談を受けることが多くありました。

そして、そのうちに私は、薬でしかできないことがあるかわりに、薬だけではどうしてもできないことがあることにも、気がついていったのです。


それからは、薬のプロとしてだけでなく
ゲシュタルト療法、アドラー心理学、認知心理学、行動認知心理学などなど、色々と心理療法について勉強をはじめました。

そして、いつの間にか、その興味が催眠へとむかっていき
最後には20世紀最大の心理療法家と呼ばれたミルトン・エリクソンへと、たどり着きました。


ミルトン・エリクソンは、当時、アメリカで
「エリクソンのところに行って治らなければ、どこに行っても治らない。」
とまで言われた偉大な心理療法家で、今のNLPやブリーフセラピー(短期療法)の源流となっている人です。

エリクソンは常に、過去にこだわらず、「今ここ」を大事にしていました。
また、クライアントさんの過去のトラウマがどうであれ、過去にどんなことがあれ、クライアントさんのこれからにフォーカスをあてて、どうしたらより豊かにクライアントさんが過ごせるか、ということを、とても大切にしていた人です。


薬だけではできない人間のメンタルな部分を知ったことが契機で、
お薬相談よりも、セラピーに時間をさくように変わっていって、気がついたらセラピストになっていたわけです。


どんな人でも、生きていれば、大なり小なりつらいことはあります。
私も最愛のダンナさんを、突然死で亡くしました。

つらくて悲しくて、生きているのが難しい、と思った時期もありました。
でも今になって 振り返ってみたら、その時間も私にとっては、大切な時間だったと思っています。
その時間、悲しいのどん底を経験したからこそ、「それでもどうせ生きているなら、楽しまなきゃソン!」そう思ったのですから。

過去ではなく「今ここ」を大事にし、そして「これから」を大事にしていたエリクソン。
エリクソンのやっていたことを理解し身につけるにつれ、私自身も「今ここ」を大事にできる人間へと、変わっていったのです。


エリラボでは、今この時を楽しもう哲学のもと、そのための方法を色々とお伝えしています。

どうかここを訪れてくださったあなたが、今よりもっとたくさん、あなただけの人生の楽しみ方を見つけられますように・・