言葉になる前のもの

何事も言葉にすると、言葉から零れ落ちてしまうものがある。 あの人は「酷い人」だった と、言葉にしてしまうと 無意識のうちに、その「酷い人」から受けた「酷くなかった」仕打ちは 「酷い人」と言葉にした人の中から零れ落ち 酷くなかった仕打ちには、まったくフォーカスが当たらなくなる。 カウンセリングやコーチングの世界では 「例外探し」と呼ばれたりする質問方法があるのだが そういう、その言葉以外のものにフォーカスを当てていくような質問があるのは 言葉というものの持つ、上述した性質があるからだと思う。 例えば 「ずっと » 続きを読む

後悔と心残り

ずっとブログをお休みしていて 「ブログが止まっているので、心配しています。  お元気にしておられますか?」 なんてメールをいただいたりもしていました。 ご心配おかけして、申し訳ない。 とはいえ、時々FaceBookには投稿してたりしてましたので そっちで生存確認してくださってた方もおられたり。 とはいえ、最近FaceBookも、ちぃとオワコン風味だしね。 また、頑張ってブログの方に書いていこうと思います。 今日は、最近FaceBookに書いたことからの再掲です。 今を去ること結構昔。 ある日突然、はるか高み » 続きを読む

そろそろ、来年の準備

現在、手元のパソコンで 来年のセミナー・ワークショップの日程を サイトの方にup するための作業をしています。 毎年11月中旬に、翌年のセミナーやワークショップのスケジュールをup するのですが もうそんな季節なんだなぁとしみじみ。 この作業をするとなんとなく、今年もあと1か月ちょっと、と 1年の終わりが近づいている気に、すこぉしだけなります。 とはいえ、身体感覚としては えっ!?もうそんな時期?? って感じなんですけどね。 これから、街は一気にクリスマスの装飾を帯びてくるし そうなると、少しは年末が近い感 » 続きを読む

お前の代わりなんぞいくらでもいる・・?

早速25日に更新できなくて、あわあわしながら27日に投稿しています。 かと思えば、数年レベルで毎日ブログを更新してる人とかっていうのも、ネットの中に存在していて 何、あの人たち神なの?実に尊い みたいなw ま、とりあえず 言い訳なのか、後ろめたさなのか、よくわからん前書きも書いたことなのでw 今夜の本題。 たまに、体育会的ノリのところで 「お前の代わりなんていくらでもいるんだからな!」 みたいな言説を見聞きすることがあります。 それって、役割の話だよね。 人は、個人としてして生き、同時に役割を生きるものでも » 続きを読む

死なない理由と生きる理由

もう何年も昔の話です。 私は夫を突然死で亡くしました。 突然のことに、私はそれを受け入れられなくて 数か月、文字通り食事も喉を通らず、2か月で10キロ近く痩せました。 周りは、私が自死してしまうのではないかと、大変に心配していましたし 私自身も、半ばそれを望んでいたところもありました。 が、結局、私は死なず、今も生きて暮らしています。 最後の最後、私には「死ねない理由」があったからです。 まだ子どもだった息子の存在です。 彼を独りぽっちにさせることは、やはり親としてできないことでした。 が、その頃の私は 「 » 続きを読む

ガチャと自己選択

私たちは、どういう家に、どういう両親の元に、生まれてくるのか そもそも生まれたくて生まれてきたのか。 それは、おそらくですが「運」でしかないのだろうと思います。 過去生の話をされる方もおられますが 「なぜそうだと言えるのか?」 という問いに対して、最終的には 「そうだから、そうなのっ!」 以外に答えられないでしょう。 そして、その過去生という、あるのかないのかわからないものに対しては 「それを言う誰か」が必ずおり その人の言ったそれは、本当なのか幻想なのか 誰にも証明できないことなのです。 なぜその人にそれ » 続きを読む

久しぶりに・・

2月25日に更新して以降、ずっと放っぽってしまってました。 半年以上ぶりで、ご無沙汰です。 この半年間、どうしていたかというと・・。 実は昨年秋からキャンプを始めて、ドはまりしてまして(^^; 仕事が終わって帰宅後は、ずっとキャンプ関連の情報収集やら 休日はキャンプに行ったり・・と、そんなこんなで気づいたら半年。 ですが、こんな僻地のブログでも 熱心に読んでくださっている方がおられることを知り 読んでくださる方がおられる以上、書かないとね・・ と 半年ぶりに、腰を挙げましたよ(笑) というわけで、また9月か » 続きを読む

言われてもないことを勝手に読み込む人たち

ある種の人たちにとって 対人関係というのは まるでロールシャッハテストのようだ と思ったりします。 どういうことかというと 実は、相手とコミュニケートしていなくて、 自分の頭の中の幻とコミュニケートしているんだなってこと。 もう少し詳しく言うと 相手を理解しようとせず 自分のいつもの思考や認知の癖 つまり相手そのものではなく 自分の頭の中にある何かを、相手の行動に投影したり、変な読み込みをして それに反応してるだけ ということ。 そういう人たちは 相手が言ってもいないことを、勝手に何か読み込んで あたかも、 » 続きを読む

そういうもん

今期の冬は、2011年からの6年ぶりのラニーニャ現象なんだとか。 日本の場合、ラニーニャ現象の起こる年は 冬は西高東低の気圧配置が強まる、つまりすげー寒くて雪いっぱい降るぜ、ってこと。 ちなみにラニーニャ現象が起こると、梅雨が短く夏は猛暑になるんだそうな。 うん、確かに。 2017年の梅雨は、あれ?ホントに梅雨?ってくらい雨が少なかったな。 で、だから? って話なんだけど。 冬季鬱って言って、冬場は気圧の関係で、 身体的鬱(やたら疲れる)や 精神的鬱(気力が落ちまくる) という症状がでる人が比較的多いんです » 続きを読む

そこは「ありがとう」というところでしょ

人と人とのコミュニケーションは 言語を一切使わずに・・ということはできないことなのに きちんと言葉を使えない人が多いなぁと 色々な場面で色々な人を見ていて思います。 例えば エレベーターで先に乗っていた人が、こちらが乗るまで開ボタンを押して待っていてくれたとしましょう。 この時に 「ありがとうございます」ではなく 「すいません」 という方をたまに見かけます。 「ありがとう」は、感謝を表す言葉です。 それに比して、「すいません」はおわびを表す言葉です。 本人的には お手数をおかけしてごめんなさい というつもり » 続きを読む